TEL. 03-3404-0121

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2−6−1
一般社団法人東京都食品衛生協会

平成30年6月13日、15年ぶりとなる食品衛生法の改正が公布されました。
改正された食品衛生法では、原則としてすべての事業者が、食品衛生上の危害の発生を防止するために特に重要な工程を管理するために「HACCPに基づく衛生管理」について計画を定めなければならないこととされています。
ただし、飲食業などの一定の事業者については、その取り扱う食品の特性等に応じた「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」でよいとされています。
特に、「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」については、業界団体が作成した業種ごとの「手引書」に基づいて実施すればよいとされています。
HACCPによる衛生管理の制度化は、公布から2年以内に施行され、さらに1年間の猶予期間が設けられることとなっていますが、早めの準備をしておくようお願いします。
ここでは、代表的なHACCP(ハサップ)制度化に係わる情報を紹介します。


(1)HACCP(ハサップ)
HACCPに関する厚生労働省の入り口(ポータルサイト)です。様々なHACCP情報を見ることができます。

(2)HACCP(ハサップ)の考え方を取り入れた食品衛生管理の手引き(飲食店編) PDF
厚生労働省が作成した飲食店向けの手引書です。

(3)食品等事業者団体が作成した業種別手引書
厚生労働省の「食品等事業者団体による衛生管理計画手引書策定のためのガイダンス」に基づいて、食品関係団体が作成した「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」の手引書を紹介するものです。現在9業種の手引書が掲載されています。

(4)食品衛生法等の一部を改正する法律案(平成30年6月13日公布)
食品衛生法等の一部を改正する法律については下記にてご確認ください。
厚生労働省(食品衛生法の改正について)。
厚生労働省ホームページ

1.HACCP(ハサップ)について


1.HACCP(ハサップ)について


当協会では、HACCP(ハサップ)による衛生管理が義務化されるのにあたり、平成30年度は会員等への周知期間と捉え下記の事業を実施してまいります。

(1)食品衛生実務講習会などで、食品衛生法の改正によるHACCP(ハサップ)による衛生管理の制度化の概要を解説します。

(2)(厚生労働省発行のリーフレット『衛生管理を「見える化」するって、どうしたらいいの?』を食品衛生実務講習会等で配布して、自主的衛生管理を実施するよう啓発を行います。

(3)会員を中心に「自主管理点検表」を配布し、日々行っている衛生管理について、点検表を活用して実施するよう周知している。

(4)食品衛生責任者お知らせ版などの広報誌で、HACCP(ハサップ)による衛生管理の義務化についての情報提供を行ってまいります。