プライバシーポリシー

一般社団法人東京都食品衛生協会は、高度情報通信社会における個人情報保護の重要性を認識し、以下の方針に基づき個人情報の保護に努めます。

1.個人情報の取得について

協会は、適法かつ公正な手段によって、個人情報を取得致します。

2.個人情報の利用について

当協会は、個人情報を、取得の際に示した利用目的の範囲内で、業務遂行上必要な限りにおいて、利用します。
当協会は、個人情報を第三者との間で共同利用し、または、個人情報の取扱いを第三者に委託する場合には、当該第三者につき厳正な調査を行ったうえ、秘密を保持させるために、適正な監督を行います。

3.個人情報の第三者提供について

当団体は、個人情報を、事前に本人の同意を得ることなく、第三者に提供しません。ただし、法令、裁判所または行政機関により開示を要求された場合は、この限りではありません。

4.個人情報の共同利用

当協会は、次の事項について個人情報保護法第23条第4項第3号に基づき個人デ-タの共同利用を行うことがあります。
(1)共同して利用される個人デ-タの項目
  事業所の名称、所在地、電話番号、職種及び事業主の氏名
(2)共同利用者の範囲
  ア、東京食品販売国民健康保険組合
  イ、東京食品福祉厚生事業団
  ウ、株式会社東殖
  エ、社会保険労務士法人東京食品労務管理センター
(3)利用目的
  各共同利用者の被保険者、会員等の福利厚生に資するため、各共同利用者の事業・サービスに関する各種情報の案内及び提供。
(4)当該個人デ-タの管理について責任を有する者の名称
   一般社団法人東京都食品衛生協会

5.個人情報の管理について

当協会は、個人情報の正確性を保ち、これを安全に管理いたします。
当協会は、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えいなどを防止するため、不正アクセス、コンピュータウイルス等に対する適正な情報セキュリティ対策を講じます。

6.個人情報の開示・訂正・利用停止・消去等について

当協会は、本人が、個人情報について、開示・訂正・利用停止・消去等を求める権利を有している事を確認し、これらの要求ある場合には、ご本人の意思である事を確認した上で速やかに対応します。

7.組織・体制

当協会は、役員及び職員に対し、個人情報の保護及び適正な管理方法についての研修を実施し、日常業務における個人情報の適正な取扱いを徹底します。

8.個人情報保護コンプライアンス・プログラムの策定・実施・維持・改善

当協会は、この方針を実行するため、個人情報保護コンプライアンス・プログラムを策定し、これを職員その他関係者に周知徹底させ実施し、維持し、継続的に改善いたします。

平成25年4月1日
一般社団法人東京都食品衛生協会
専務理事  鎌 田  國 廣